毛深い女性に人気の脱毛器とは?

脱毛器ランキング

高いコストパフォーマンスの脱毛器

毛深い女性は脱毛サロンだと、毛深くない女性よりも回数が多くなるため料金が高くなりがちです。

しかし、脱毛器ならカートリッジ代だけですし、1回の回数も激安なのでコストパフォーマンスに優れています。

最近では脱毛サロンに近い出力がだせる脱毛器も多く、美顔機能付きの脱毛器もありますよ。

当サイトでは脱毛機能が優れており、使いやすい脱毛器をランキング形式で紹介しています。

毛深い女性に人気の脱毛サロンランキング

人気の高い脱毛器をランキング形式で紹介します。
脱毛効果が高く、使いやすい脱毛器を紹介しています。

王冠 センスエピ

アメリカで唯一の許可を受けた家庭用脱毛器「トリア」

アメリカで唯一のFDA許可を受けた家庭用脱毛器の「トリア・パーソナル」

クリニックで使われているダイオードレーザーのため脱毛力は脱毛器の中でもトップクラス。
2年間の保証と30日間の返金保証付の脱毛器です。

王冠 ケノン

不動の人気No.1 ケノン

高機能脱毛器の中で不動の人気となっており「ケノン」

人気がありすぎるため在庫なしに注意してください。
1ショット0.15円の高コストパフォーマンスに加えて脱毛範囲が広いため短時間で脱毛できますよ。

王冠 ノーノーヘア

切らない剃らない脱毛器の「ノーノーヘア」

特許取得済のサーミコン方式で抜かず、剃らずに脱毛が出来ます。

そのため肌に優しく腕や足だけでなく顔にも使える脱毛器です。

※厳密には脱毛ではなく安全にムダ毛を処理する機械です。

日本製脱毛機械と海外製脱毛機械の違い

海外製脱毛機械は、日本製のものに比べるとやや値段が安い傾向があります。
そのため、売上ランキングなどを見ると、海外製の脱毛機械がよく売れています。
しかし、日本人の肌には合わないものも多く、トラブルが起きやすいので注意が必要です。

日本人の肌は、欧米人に比べると黄色いのが特徴です。
そのため、黄色人種と呼ばれています。

レーザーやフラッシュは肌の濃い部分の色に反応する脱毛機械なので欧米人の白い肌に使用する時に比べて、反応が強すぎることがあるのです。
ひどい場合には、ヤケド状態になることもあります。

日本人の肌色に合わせて作られている日本製の脱毛機械ならそういう心配がないので安心して使えます。
ただ、あまり出力を上げすぎるとやはりトラブルが起きやすいので出力レベルの調整には注意を払うようにしましょう。

また、付属の説明書が読めるかどうかという問題があります。
輸入製品は説明書が英語な場合が多く、英語の苦手な人にはハードルが高いです。

製品の性質上、細かい注意が分からないと使い方が分からなかったり間違った使い方をしてしまってトラブルが起きたりするので英語の苦手な人は日本製を使うか、英語の分かる人に説明をしてもらいましょう。

最後に、品質です。
脱毛機械に限らず、海外製品は壊れやすいものです。

日本製よりは安いといっても、脱毛機械はけっこうなお値段のする買い物です。
よほど保証がしっかりしているメーカーのものじゃなければ日本製を選んだほうが無難かもしれません。

Copyright © 女性のための口ひげ脱毛法 All rights reserved