アンダーラインに生える毛の処理方法

毛深い女性の脱毛

荒れやすいアンダーラインの自己処理

アンダーラインの毛の処理って、やはり女性なら意識する部分なのではないでしょうか。

脱毛サロンなど、専門的な機関でケアしてもらっている人もいるかと思いますが、自分で処理派の人もたくさんいますよね。

では、自分でアンダーラインの毛の処理ってどうやったらよいのでしょうか。

アンダーラインの自己処理は慎重に!

アンダーラインとひとことで表現しても、Vライン・Iライン・Oラインの3つにわけることができます。
ですから、このVラインIラインOラインそれぞれで、どのくらい残してどのようなラインにしたいのかも考えて剃ることがポイント。

特に、Vラインでは、下着からはみ出てしまうという状態にならないように剃る人が多いみたいです。
やっぱり、下着や水着から毛が・・・というとあまり見た目もよくありませんからね。

Iラインは、毛を処理することで、女性器周りということもあり、においを軽減したりする効果も期待されているのだとか。
Oゾーンは、肛門周りの毛なので、排泄を考えると、毛がないほうが衛生面も安心ということもできますよね。

デリケートゾーンの毛の処理はやはりカミソリ等でケアする人が多いかと思いますが、その時に皮膚を傷つけたりしないように丁寧に注意して処理してください。

ここで、ポイントなのですが毛が長いものは、はさみで短くカットしてからはじめてください。その方がより毛の処理がしやすいです。

剃るときは、できるだけ専用のクリーム等を使用してやると、より負担をかけずにやさしく剃ることができるかと思います。

Copyright © 女性のための口ひげ脱毛法 All rights reserved